2005年01月17日

年賀葉書の「お年玉」に思う

 今年の年賀葉書のクジ。当選番号が昨日発表になりましたが、私のところは「末等1枚」のみの当選でした。小型切手シートが1枚だけですよ、1枚。
 以前にもブログで書きましたが、年賀葉書の末等は「100本に3本」の確率です。私の手許には、いただいた年賀状と自分の年賀葉書の予備とを合わせて100枚くらいはあるのですが、予備の束の中から(つまり出さなかった分から)1枚当たっただけ。もらった分からの当たりはゼロ。
 え、こんなことはよくある話だって? そのとおりです。もらった葉書の中に、末等との「1番違い」が4枚も含まれていなければ、ね。

 こういうところでツキに恵まれると、肝心なところで使い果たしてしまっているかもしれない。そう思って自分を慰めるようにしています。
 でも…当たる人のところでは当たるんだよな。しかも、そういう人に限って当たっても全然喜んでなかったりするし。

 ほなさいなら。
posted by 為栗 裕雅 at 09:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1606754
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

正月最後のお楽しみ年賀はがき当選発表
Excerpt: お年玉付き年賀はがき、当選番号決まる (読売新聞) - goo ニュース 本日の話題はこちらを。 正月最後のお楽しみである年賀ハガキの当選番号抽選発表がありました。 1等の当選品も昔と比べると豪華に..
Weblog: LIVINねこの独り言
Tracked: 2005-01-17 21:49
記事一覧(最新の20本)