2011年01月23日

<告知>掲示板廃止のお知らせ(確定版)

 昨年8月18日(水)に告知しましたとおり、当「遊牧民の窓」の掲示板(http://bbsi2.otd.co.jp/shiteguri/bbs_plain)は、レンタル掲示板「OTD」が6月にサービスを終了することに伴い、廃止させていただきます。
 この度、廃止期日を決定いたしました。

   廃止期日 2011年3月31日(木) 22時

 数時間の幅で前後する可能性もありますが、基本的に「3月いっぱい」とお考え下さい。
 なお、過去の書き込みについても閲覧できなくなりますので、必要な方は廃止までに「過去ログ」のコピーをお取り下さい(掲示板ページの最下部に検索窓があります)。

 さて、掲示板には、いくつかの機能がありました。
   (1)管理人(為栗)からお客様へのメッセージ機能。(告知板)
   (2)お客様から為栗へのメッセージ機能。(ゲストブック)
   (3)お客様同士の交流機能。(サロン)
 これらのうち、(1)については「ツイッター」で十二分に機能すると考えます。
 (2)については「管理人宛メール」やブログのコメント欄などで機能すると考えます。
 (3)の機能が提供できないことになりますが、これについては、外部の既存掲示板(「2ちゃんねる」など)をご利用いただければ、と思います。私個人の性格的な問題ですが、「私のHPのコンテンツとして」設置する以上、掲示板も自分自身で完全掌握しなければ気が済みません。このような状況では、私を除外した「お客様同士の交流」の場を提供することは、到底無理ではないかと感じます。事情ご賢察いただけますようお願いします。

 3月末の撤収まで短い期間ではありますが、ご遠慮なくご利用下さい。
2011年1月23日
「遊牧民の窓」管理人 為栗裕雅
posted by 為栗 裕雅 at 15:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

201101仙台・青森・函館遠征写真日記 (6)函館篇・2

【17】これだけ視界が広がっていることもあったのですが…
【18】展望台に入って間もなくこの状態で固定しました


 この部分は、当日函館山で書いた文章をそのまま掲載しよう。
----------
 この文章は、2011.01.13_12:34、函館で書いています。函館山の山頂にある、ロープウェイ駅に併設された展望レストラン。(アップ時点ではすでに山を下りています。山頂ではワイマックスは使えませんでした。)
 展望レストランですが、窓の外は吹雪。すぐ下の斜面に生えている樹木の枝が見える以外、まったく見えません。ついさっき雪がやんだときには陸繋砂州に広がる函館の町が見えたのですが。こんな悪天候ですから、もちろんレストランは貸し切り状態。静かなピアノ曲(よく聞く曲ですが名前を知りません)が流れる中、物思いに耽りながら食事しております。カツカレー(ここで一気に現実に引き戻されますが)。
 カップルの類がほとんどいないので、傷心旅行にはぴったりでしょう。このまま何時間でもここにいたい気がしますが、函館13:5x発の特急で東京に帰るつもりでいるので、そろそろ切り上げないといけません。(以下略)
----------
20110113-17.jpg20110113-18.jpg

【19】十字街の交差点
 ロープウェイで麓に下りる。市電で函館駅に戻らねばならない。最寄りの電停は「十字街」。2方向から来た市電がここで合流する。なんとなく絵になる風景だと思ったので撮影。赤い電車の背後に建つガラス張りの建物は市水道局。その奥は地場デパート「丸井今井」の函館店だった歴史的建築。
20110113-19.jpg

【20】函館駅の絵馬
 受験シーズン。今週末には大学入試センター試験も行われる。函館駅の改札そばに、合格祈願の絵馬があった。私の近辺に受験生はいないが、ちょっと落書き。記入面は毎日取り替えているようで、新しかった。本当に函館八幡宮に奉納しているなら偉いが…。
 沢田研二『勝手にしやがれ』の一節を書いたが、18日時点での心境はオフコース『眠れぬ夜』のほうがぴったり来る。
20110113-20.jpg

 ここから先はツイッターで報告したとおりなので割愛する。お読みいただきありがとうございました。
(完)
posted by 為栗 裕雅 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

201101仙台・青森・函館遠征写真日記 (5)函館篇・1

2011.01.13(木)

 函館の朝は、ツイッターでも書いたとおり「最高気温、氷点下5℃」の銀世界。かつてはそれなりに名門だったであろうビジネスホテルは、2階のフロントに上がる階段の手すりが歯抜けになっていたり等、著しく老朽化していたが、予約した私の名前を手書きで入れたメッセージカードが置いてあるなど、ホスピタリティはかなりのものがあった。

【13】函館市役所
 朝一番で、みち銀[JR函館駅]の制覇。名物「函館朝市」でウニ丼の朝食。駅近くの道内銀行支店で預金取引。これだけ済ませてから、函館市役所へ向かう。「朝飯→銀行→市役所」というコースは観光客のものとも思えない。
 市役所には、中のキャッシュコーナーに用があって行った。みち銀の店舗一覧に[函館市役所(共同)]とあるのだが、共同出張所、つまり他行と相乗りのキャッシュコーナーでの制覇の場合、通帳の記帳がどうなるのか確かめに行ったのである。結果は“青森篇・2”の【12】の画像を参照。予想されたことだが、他行幹事の「共同出張所」は制覇の対象とはならない。
20110113-13.jpg

【14】みちのく銀行[函館高橋病院前]
 市役所から南に下がり、りそなウオッチャーらしく協和銀行函館支店跡地(1978年廃店)を確認。その後、市電で末広町へ。函館駅以南唯一となるみち銀拠点[函館高橋病院前]は、電停から坂を上がった病院駐車場内にあった。
20110113-14.jpg

【15】函館海産商同業組合(海同会館)
 末広町は歴史的建築の宝庫。今回私は、写真の「海同会館」をはじめ、関根要太郎という建築士が設計した4棟を見てくるつもりであった。しかし、函館行きそのものが行き当たりばったりで、ろくにリサーチもしておらず、「旧亀井喜一郎邸」をすっ飛ばしてくるという大失態を演じてしまった。関根要太郎は、協和銀行の前身であった不動貯金銀行の専属建築士だった人だが、函館のこれらの建築は不動とは直接関係しない。「りそなウオッチ」の一環で始めた古建築ウオッチング、今後どうなることか。
20110113-15.jpg

【16】雪に埋もれたトヨペットコロナ
 亀井邸の代わりといっては何だが、函館山ロープウェイの駅に向かう途中、土産物屋の前に、懐かしい車が停まっていたので撮影。雪に埋もれたコロナ、というのはなんとなく面白い。コロナなら雪を溶かすぐらいできないのか…無理か。
 NET系のドラマ『がんばれロボコン』で、大野しげひさ演じるパパが乗っていたのがこの型。私は幼少期このドラマが大好きだった。主題歌のEPレコードも持っていたハズだが、実家に今もあるかなあ。
20110113-16.jpg
(つづく)
posted by 為栗 裕雅 at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

201101仙台・青森・函館遠征写真日記 (4)青森篇・2

【9】みちのく銀行石江支店
 生協から新青森駅を挟んで東に1kmほど。相変わらず吹雪は激しいし、だいぶ暗くなってきたしで、「遭難」の2字が頭をかすめる。歩行に限界を感じ、生協そばの停留所から路線バスで支店に向かう。JRの普通列車は2時間に1本程度しかないが、代わりに青森市営バスが10分間隔ぐらいで走っている。
 車内で何気なく後頭部を触ったら、ずぶ濡れになっていてびっくり。吹雪が後頭部に当たって髪が雪だらけになっていたのが、車内の強い暖房で一気に解けたのだった。
20110112-09.jpg

【10】みちのく銀行[ガーラタウンマエダ西バイパス店第2]
 石江支店からは足がないので歩く。相変わらず激しい降雪。国道7号線青森西バイパス沿いにある「ガーラモール」というショッピングセンターには、みち銀のATMが2か所ある。店内のキャッシュコーナーと、建物の外にあるみち銀だけのATM小屋。写真は後者。
 これで一応の目標達成。もう1か所徒歩で制覇する考えもあったが、悪天候のためこれにて打ち止め。
20110112-10.jpg
【2010.01.21_15:35追記】写真に「第2」とある。「第1」に相当するSC内部のATMは[マエダガーラモール店]という名称になっている。同じSCにある店舗外ATM2か所で名称が異なるが、元はスッキリと[ガーラタウンマエダ西バイパス店][ガーラタウンマエダ西バイパス店第2]の2つだった。SCが2010.05「ガーラタウン」から「ガーラモール」に改称した際、みち銀ATMは「第1」のみ改称され、「第2」の名称変更はなされなかった(怠ったものと推察される。通帳の店名表記が変わったわけではないので、大差ないと言ってしまえばそれまでだが)。なお、この事実判明に伴い、本文を2か所「ガーラタウン」から「ガーラモール」に修正した。

【11】青森駅は雪の中
 石川さゆりのあの歌は、「演歌の心」など知らなかった十代の私がときどき口ずさむことのあった名曲(時間帯は半日違っているが)。ガーラモールと青森駅とを結ぶ、1乗車100円のシャトルバスがあって、それに乗って青森駅に到着。この後私は、駅ビル1階にみち銀の看板を見つけて急きょ制覇。
20110112-11.jpg

【12】百聞は一見に如かず
 ここで、通帳の画像を13日分まで公開してしまう。みち銀は“めぐ”のできる銀行であると「仙台篇」で書いたが、こういう形で通帳に店名が(店舗外ATMまで)記帳されるから。「新城支店」と「生協新城店」の記帳の違いは唯一「S」の1文字のみ、というシュールなデフォルメが面白い。
20110112-12.jpg

 青森駅からは、特急で函館へ。何を血迷ったのか、特急券を新幹線とリンクさせずに買ってしまい、800円以上損をしてしまった(在来線の特急券は乗継割引で半額になるハズだった)。
(つづく)
posted by 為栗 裕雅 at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

201101仙台・青森・函館遠征写真日記 (3)青森篇・1

【5】東北新幹線完乗
 八戸−新青森間は、12月4日に開業したばかり。今回の青森行きは、この区間に乗るという目的もあった。改札を出て、まずは駅ビル(といっても2階建て)の中にあるみち銀ATM[新青森駅]の制覇。終わった後、弘前行きの普通列車に乗ろうと乗車券を買ったが、みどりの窓口そばの改札は新幹線用。駅員に聞いて、殺風景なコンコースを南に50mほど進むと在来線の改札があったが、新幹線と違って建物の中にまで雪まじりの風が吹きこんできている。随分待遇が違うと思った。
20110112-05.jpg

【6】弘前行きの普通列車
 青森では、新青森駅周辺で「みち銀めぐ」をする計画。新城支店・石江支店管内の全6店舗(支店2・ATM4)制覇を目指す。まず、新青森の隣の津軽新城駅へ移動。降車駅に着いた電車は、私の写真撮影を待ってくれたかのように、なかなか発車していかなかった。(写真は津軽新城駅にて)
20110112-06.jpg

【7】みちのく銀行新城支店
 線路沿いに走る県道を駅から市街地方向に500mほど戻ったところ。夏場なら何ということもない距離だが、この時期は相当な積雪で歩くのが大変。地元の人はみんなスノーブーツをはいていた。
20110112-07.jpg

【8】みちのく銀行[県庁生協新城店]
 新城支店からさらに500m。除雪されていない部分はもちろん歩けないし、歩けるところも雪を踏み固めた山になった個所があって、かなりのアップダウンがある。強い西風が吹いており、背中から雪まじりの風を浴びる。ここは、生協の店舗(スーパーマーケット)の中にある店舗外ATM。
20110112-08.jpg
(つづく)
posted by 為栗 裕雅 at 22:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

201101仙台・青森・函館遠征写真日記 (2)仙台篇

2011.01.12(水)

【1】仙台空港鉄道完乗
 前夜新宿を出たチャーターバスで、早朝5時前に仙台駅東口着。私の乗ったバスには乗客が7人しかいなかった。すこぶる快適だったが、採算が取れないだろうにと余計な心配をする。少し到着が早すぎたので、駅前にある24時間営業のマクドでコーヒーブレイク。コンビニで買った日経新聞を読みながら時間をつぶす。空港アクセス線の朝一番の電車で仙台空港へ。「鉄道乗りつぶし趣味」の欲求を満たす。(写真は仙台空港駅にて)
 空港線の沿線はこれから住宅地や商業地が開発されてくるようだ。そういう需要もあっての新線開業。
20110112-01.jpg

【2】りそな銀行仙台支店
 りそなの仙台支店にはあさひ銀行時代から何度も来ているが、写真撮影を始めてからはまだ一度も来たことがなかったので行く。やはり「銀行めぐラー」を自称するからには、りそなに行かないわけにはいかない、と。
20110112-02.jpg

【3】みちのく銀行仙台支店
 続いて「“めぐ”のできる銀行」みち銀へ。仙台支店は取っていなかったので制覇。
20110112-03.jpg

【4】あおぞら銀行仙台支店
 「“めぐ”のできる銀行」あおぞら銀へ。ビルの8階にある空中店舗。店内には「開設50周年」という看板が出ていた。
20110112-04.jpg

 この日は「めぐ」銀行の他、仙台にある地方銀行の支店をほとんど総なめにした。
 その後、新幹線で青森へ。切符売り場が混んでいて、乗ろうと思っていた便には間に合わず、1時間後の列車になってしまった。
(つづく)
posted by 為栗 裕雅 at 20:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

201101仙台・青森・函館遠征写真日記 (1)前口上

 12〜14日に、東北地方(含む函館)に出かけてきました。
 「ツイッター」を本格的に使い始めたばかりとあって「実況中継」のようなことを試みましたが、あまり成功しませんでしたので、撮りためた写真を使って「写真日記」の形にしてみようと思います。ブログ「MEGU」の、エネルギーを注ぎすぎの感もある文章とは違い、お気楽で内容もアバウトですが、案外こういうお気楽な記事の方が私には合っているかもしれません。そう最近思うようになりました。
 気が向いたときに発表します。まず早速1本、この後に。
posted by 為栗 裕雅 at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

<告知>公式メールアドレス変更のお知らせ

 「遊牧民の窓」の公式メールアドレスを、本日より「office_yubokumin■yahoo.co.jp」に変更いたしましたので、お知らせいたします。(■にはアットマークが入ります。)
 今回のアドレス変更は、為栗宛てのメールをメールソフトで一元管理したいと考えたのが理由です。「goo」のメールはPOPメールの機能がないためメールソフトでのアクセスができず、いちいちwebサイト経由でメールをチェックする必要がありました。旧アドレス「shiteguri■mail.goo.ne.jp」は、廃止と考えていただいて結構です(当面残しますが、アクセス頻度は確実に低くなりますので)。
 なお、今回の変更はあくまでwebサイト「遊牧民の窓」に関するもので、ネット上以外の場所でお知らせしているアドレスを変更するものではありません。
2011.01.09
「遊牧民の窓」管理人 為栗裕雅

 以下は蛇足。
 機能的には私の欲求を満たしたのですが、yahooのメールアドレスは不自由ですね。「shiteguri」の文字列を含む複数のアドレスが問答無用に「不可」。何が問題なのかわかりませんが、「shiteguri」そのものが引っかかっているようです。結局「オフィス遊牧民」で落ち着きました。
posted by 為栗 裕雅 at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

弱いときにこそ発揮できる力

 「ツイッター」の本格運用を始めて10日ほど。意外にハマっている自分に気がつきます(http://twitter.com/shiteguri)。「m■■■」にどうしてもなじめなかった私が、何故でしょうね。似たようなシステムなのに。

 ある人のカキコで、こういう言葉に出会いました。

弱いときにしか発揮できない力がある。弱いときにこそ発揮できる力がある、ということを忘れないでね!

 ネットで調べてみると、聖書の言葉に由来するようです(『新約聖書』コリントの信徒への手紙二 12章9節「わたしの力は、弱いところにこそ現れる」)。
 「わたし」とは神のこと。神の力は、人間が自分自身の強さ・力に頼っている時には効果がない。しかし、人間が自分の弱さを自覚して神に素直に助けを求める時にこそ、効果を発揮する。こういう意味のようです。自分の弱さを認めれば、素直に神に助けを求めることができる、と。
 落ち込んだ時、私は一人で突っ張ってしまう傾向があります。しかし、精神が強靭な状態にないと認めて助けを求めることが、ベストの状態を実現する近道なのだ。実現しなくても、ガス抜きになって精神的には救われる。「助けを求める」という「スキル」は、それだけで強い力なのでしょう。
 キリスト者ではないので、こういう解釈でいいかどうかは知りませんが…。

 上の筆者は、私を意識してカキコしたわけではありません。しかし、私にとっては大きな救いとなりました。助けを求めるということがあっても良いと思い至った、という意味で。
 何気ない一言のカキコでも、読み手によっては救いや感動を得ることもある。ネットで自己発信することの意味は、一つはそういうところにあると思います。

 ほなさいなら。
posted by 為栗 裕雅 at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年

 現在工事中の「東京スカイツリー」(東京都墨田区押上)は、東京タワーに代わって首都圏向けにテレビ電波を発信する電波塔で、完成すればタワーとして世界一の高さとなります。すでに年末に高さが500mを超えており、最終目標の634mには今春達するそうです。閉塞しきった日本の中で、数少ない「今まさに伸びゆく」物件といえます。
 私もスカイツリーのごとく「伸びゆく人」でありたいと思いますが、タワーの成長は634mで止まってしまいます。これも「世界一」であって素晴らしいことではあるのですが、私は生身の人間であります。ある到達点に達することができたら、そこからさらに「高み」を目指して一層精進したい、と考えます。今後ともよろしくご指導下さい。
 ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
2011年1月1日
「遊牧民の窓」為栗裕雅

 【蛇足】「元旦」というのは「元日の朝」のことなんだそうですね。私はグータラ人間ゆえ、新年のご挨拶が夕方になってしまいましたので、上に「2011年元旦」とは書けませんでした。
posted by 為栗 裕雅 at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事一覧(最新の20本)