2010年10月26日

逸見さんの奥さんが死去

 故・逸見政孝氏の妻、晴恵さんが、21日亡くなったそうです。
 政孝氏は元フジテレビアナウンサーでした。私はバリバリの「夕ニャン世代」でして、逸見さんが「夕やけニャンニャン」のニュースのコーナーに出て人気者になっていったのを、リアルタイムで見ております。その後CXを退社してフリーになり、人気司会者として名を馳せたのもつかの間、胃ガンのため帰らぬ人となりました。
 何を隠そう、私が高校時代にニュースキャスター志望だったのは、逸見さんの影響でした。

 晴恵さんはその奥さんです。逸見さんがアナウンサー時代に出したエッセイ集『マジメまして逸見です』(フジテレビ出版、1985年)は当時何度も読みましたが、CX入社後日の浅い逸見アナが、当時専門学校生だった晴恵さんを鎌倉の海岸で見初めて口説くくだりは、今でもはっきり覚えております。享年61歳だそうで、夫婦揃ってお早いですね。
 長男で喪主の太郎氏はタレントで、東京都のUHF局、東京MXテレビの夕方の番組に出演しているそうです。たまたま知り合いと「マツコ・デラックス」の話題が出たので、マツコ氏が出ているという番組のホームページを見たんですが、その時に知りました。それが確か一昨日ぐらいの話ですから、びっくりしております。

 これを機会に「りそなのウオッチャー」として知ったかぶりを披瀝します。政孝氏は大阪の出身でした。彼の父親は、昭和26年から定年まで、福徳相互銀行に勤めていたそうです。昭和26(1951)年入社ということは、「福徳殖産無尽」の時代か、相互銀行に転換して間もない頃ですね。55歳定年なら、1966年頃に定年退職しているハズです。

 私は何が言いたいんでしょうかね。とにかく、逸見さんの奥さんが亡くなったんだということです。謹んでご冥福を祈ります。
posted by 為栗 裕雅 at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事一覧(最新の20本)