2005年12月31日

大晦日の晩に記す

 みなさん、こんばんは。
 今日は大晦日でしたね。
 私にとっては、普段の日となーんも変わらない土曜日でした。しかし、ミスドに行ったら7時で追い出されるし(普段は夜9時まで開いてる店)、最寄り駅まで帰ってきたら商店街は店という店が閉店して人影が全く見えないし。てなわけで、年越しそばを食べそびれてしまいました。ま、こういうこともあろうかと、先日昼飯にソバを食べておいたんですが。

 電車がすいてましたねー。夜の下り電車はがらがらでした。みんな自宅に篭って紅白見てるんでしょうか。
 そういえば、今日の昼間、自宅近くにあるラブホテルの前を通りかかったら、「31日・1日休業」と大書した看板で駐車場入口を封鎖してありました。年末年始はやはり人の動きが変わるんですね。

 今年は珍しく3が日がフリーなのですが、仕事の書類を整理するなどして自宅で過ごします。
 「良いお年を」とは言いません。そんなこと言わなくてももう十分いいトシなので。

 ひゅううううううう。ほなさいなら。
posted by 為栗 裕雅 at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

私の嫌いな女

 こういう女は嫌いだ。

・タバコを吸う女。
・サングラスをかけている女。
・「女の子」と自称する女。

 基本的に私は、女という生物はズルい卑怯なものだと認識しており、従って大嫌いです。それなのに、性欲に関する部分は情けないほどにヘテロでして、まったく恨めしい限り。
 そういう私からすると「こういうタイプの女が嫌い」ということを列挙するのは全くバカバカしいことなのですが、最近の私の奉公先に、この3つを全部兼ね備えた女性がいます。

 ま、私は大人ですから、かの女性がそういう性質を持っているからといって別にそれを理由に拒絶したりはしません。しかし、向こうさんはそこまで修養ができているわけではないのですね。まだ十代だそうなので。
 同じ部屋にいると、向こうさんから「ソリの合わないオーラ」が強烈に発散されているのをビンビンに感じます。私からも無意識のうちに、同じオーラが発散されているのかもしれません。

 ソリが合わないだけなら仕方ないんです。互いに合わせる努力をすれば、たいていの社会的な人間関係は破綻せずに済みます。しかし、そういう努力をする能力が先天的に欠落している人が、この世には実に多いんですね。
 というわけで、ソリが合わないことを理由に朝の挨拶も満足にできないような人は、私の周辺から消えて欲しいと強く希望します。

 愚痴でした。ほなさいなら。
posted by 為栗 裕雅 at 00:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマりやすい私

 今日は、年末の気ぜわしい中、りそな関連の文献を調べに埼玉県立浦和図書館に行ってきました。ここには埼玉県関係の文献を専門に収集しているセクションがあって、もちろん旧埼玉銀行とその前身銀行に関する文献も収集しています。
 浦和駅に夕方5時半頃着いて、歩いて10分ほどの県立図書館に向かいました。現地に着いてみると、建物の明かりが消えています。あれ? 夜7時まで開いてるハズなんだけど。近寄ってみると、門も閉ざされていて完全に閉館しているようです。
 2階玄関下にある図書館案内を見ました。ここの閉館日は、毎週月曜日。そして、館内整理日として毎月第四金曜日。おかしいな、今日は木曜のはずだ。
 注意深く表示を見直してみると、「第四金曜日」の文字の下に小さく、次のような趣旨のことが書いてありました。「ただしその日が休日の場合は開館し、その前日を休館日とする」
 というわけで、2005年12月は、第4金曜にあたる23日が天皇誕生日で祝日のため、代わりにその前日の22日(つまり今日)を休館する、ということのようです。

 よりによってこんなレアな休館日にぶち当たるとは、つくづく自分のハマりやすさが恨めしくなりました。
 一応ルールどおりの休館ということなんでしょうが、こちらの立場としては、ごく通常の平日にいきなり休まれたようなショックがあります。かなわんなあ、休館日などを事前にネットで調べて行かなかった日に限ってこれだもんなあ。

 愚痴でした。ほなさいなら。
posted by 為栗 裕雅 at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事一覧(最新の20本)